高血圧症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

高血圧症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

高血圧の症状 :高血圧には自覚症状がない場合も…症状を知り早期発見を

公開日
更新日

 
執筆:井上 愛子(保健師)
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
「サイレントキラー」ともいわれる 高血圧の症状 は、自覚症状があまりありません。高血圧は、無自覚のうちに、突然死に至るような重大な合併症を引き起こしてしまうことがあります。日頃から体調の変化に意識し、早期発見・早期対処していくことが大切です。この記事では、まず高血圧の概要について説明し、続いて高血圧の症状について詳しく説明しましょう。
 
 

高血圧とは

 
日本には約4300万人の高血圧患者がいると言われ、日本人の健康にとって大きな脅威となっています。
 
この項では高血圧の概要について説明しますが、その前に血圧について、簡単に説明しましょう。
 
心臓はポンプのように血液を送り出し、全身に栄養素と酸素を供給しますが、血圧とは血液が血管に与える圧力です。心臓の筋肉である心筋は収縮して、血液を押しだしますが、この際の血圧を収縮期血圧と言います。また、血液は全身を回り最終的に心臓に戻ってきます。その際心臓は拡張しますが、このときの血圧を拡張期血圧と言います。強く全身に血圧を送り出す収縮期血圧が一番高く、血液が戻ってくる拡張期血圧が一番低くなります。
 
高血圧は、過剰な圧力のため、血管に負担がかかっている状態です。この状態が続くと後述するように様々な症状が生じます。高血圧の基準としては以下のようになっています。
・医療機関での測定値 収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上
・家庭での測定値 収縮期血圧135mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上
 
なお余談ですが、病院で測ると家庭で測るより、かなり高血圧になることがありますが、これは「白衣高血圧」と呼ばれ、病院で検査をうけるという緊張の為ストレスがかかり、心拍数が増える、血管が収縮する等して生じる現象です。
 
また基準とは別に、年齢や持病を考慮して降圧目標値は設定されます。以下は高齢者と慢性腎臓病患者の降圧目標値です。
後期高齢者:家庭での測定値 収縮期血圧145mmHg/拡張期血圧85mmHg
慢性腎臓病(蛋白尿陽性)患者::家庭での測定値 収縮期血圧125mmHg/拡張期血圧75mmHg
 
高血圧には二次性高血圧と本態性高血圧の2種類があります。二次性高血圧は、他疾患や薬剤の副作用等高血圧の原因がはっきりしている場合です。この場合は、該当する原因を解決する事により降圧ができます。
 
日本人の高血圧の9割程度を占めるといわれる本態性高血圧は、原因が明確でないものです。飲食、運動不足、体質、ストレス、喫煙等の要素が原因となっていると考えられています。
 
また、血圧は寝ている時は低く、起床前から少しづつ上がり、夕方からまた下がる…というように変動しますが、睡眠中に血圧低下が起こらない「夜間高血圧」、早朝に高血圧となる「早朝高血圧」等時間帯の変動で生じる高血圧もあります。夜間、早朝の高血圧は脳卒中、心筋梗塞を引き起こす要因の一つと考えられています。※
 
※編集部注:睡眠障害がある場合は「睡眠障害」もご覧いただけると幸いです。
 
 

高血圧の原因:「本態性高血圧」とは?

 
高血圧は原因が明確かどうかによって分けられ、原因が不明確なものを「本態性高血圧別名:一次性高血圧)」、明確なものを「二次性高血圧」と呼びます。原因は異なっていても、高血圧が引き起こす合併症を予防するためには、適切な血圧管理を行なっていくことが大切です。
 
高血圧患者のうち、日本人の約9割は「本態性高血圧」であると言われていて、男性は40歳代、女性は50歳代で発症することが多いようです。
遺伝的な因子、生活習慣による環境因子、加齢による血管老化などが関与しているとされていて、それらの要因が重なりあって引き起こされていると考えられています。
 
ここでは、環境因子について、詳しくご説明します。
 

(1)塩分過多の生活との関係

 
塩分を摂りすぎてしまうと、血液中のナトリウムが増えます。すると、その血中濃度を薄めようとする働きが活発になり、体内の水分量も増加しますが、これはつまり血液量も増えるということですので、結果として血管に圧がかかり、血圧が高くなります。
 

(2)ストレスとの関係

 
ストレス反応として、自律神経のひとつ、交感神経の作用が高まると、腎臓にある内分泌器官の副腎髄質から「アドレナリン」というホルモンが血中に放出され、心拍数が増加し、血液量が上昇します。
また、脳と交感神経の末端からはノルアドレナリンが排出され、末梢血管が収縮します。これらの働きによって、血圧が高くなります。
 

(3)肥満

 
肥満になったからといって必ず高血圧になるわけではありませんが、体積が増加することで循環血液量が増加し、血圧が上昇します。さらに、過食による塩分摂取量の増加も血圧上昇を引き起こす一因です。
また、内臓脂肪が増えることで、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加、善玉コレステロールの低下などの脂質異常症を引き起こします。そして、インスリン抵抗性も強まって、動脈硬化も進み、血圧を上昇させることになります。
 

(4)運動不足との関係

 
運動不足になると、心肺機能や血管の弾力性が衰えていき、血流が滞りやすくなります。コレステロールや中性脂肪が蓄えられるため、それらが血管内に付着してさらに血管が細くなることで、血圧を高める原因になります。
 
さらに、肥満にもつながるため、高血圧のリスクが高くなります。また、運動にはストレス解消効果もあるため、運動不足を解消することで、ストレス反応から来る血圧の上昇を防ぐことができます。
 

(5)たばことの関係

 
たばこにはニコチンが含まれています。ニコチンは副腎や交感神経を刺激します。ストレスがかかった時と同様に、心拍出量・血液量の増加、血管収縮作用が起こり、血圧が上昇します。
 
 

高血圧の原因が明確な「二次性高血圧」とは?

 
血圧を上げる要因が明確で、原因を調べて治療できれば血圧が正常に戻るため、根治も可能な高血圧になります。腎臓病やホルモン異常によって血液量が増えたり、血圧を上げるホルモンが増えることで、血圧が上がることがあります。若年の高血圧や60代をすぎて急に高血圧になった場合には、二次性高血圧の疑いがあります。
 
二次性高血圧の原因は大きく4つに分類され、約6割は「腎性高血圧」で、腎臓自体の疾患によるものです。
そのほかに、腎動脈の狭窄に伴う「腎血管性高血圧」、副腎の腫瘍が原因となる「褐色細胞腫」、原発性アルドステロン症などのホルモン異常による「内分泌性高血圧」、大動脈や大動脈弁の異常からおこる「大血管疾患による高血圧」などがあります。
 

原因となりうる病気の例:

 
腎炎・多発性のう胞腎・慢性腎盂腎炎・腎血管性高血圧・大動炎症候群・大動脈狭窄症・原発性アルドステロン症・クッシング症候群・脳腫瘍・脳炎・睡眠時無呼吸症候群・薬剤誘発性高血圧など
 
 

高血圧の症状 :わずかな変化を察知しよう

 
高血圧自体は、ほとんど自覚症状がないため、それだけで気づくことは難しい疾患です。ただ、高血圧が続くことで、さまざまな合併症が引き起こされますので、その症状から気づくことはできます。
自覚症状が出てしまう場合は、かなり症状や合併症が進んでいる可能性があります。
 
次のような症状があれば、血圧を測って確認してみましょう。
 
・頭痛
・目の充血・出血
・耳鳴り
・めまい
・肩こり
・しびれ
・胸痛
・動悸※
・呼吸困難
・むくみ
・頻尿、多尿、乏尿

 
※編集部注:動悸の原因について説明した動悸原因.topも参考にしてください。
 
 

高血圧の症状:頭痛

 
頭痛が起きているとき、私たちの脳では何らかの原因で血管が拡張し、神経を刺激しているといわれています。
高血圧の状態だと、血管に圧がかかって血管が拡張し、頭痛がおきていると思われがちですが、実は脳の血管では特別な機能が働くため、脳の血流圧は正常に維持され、血管は拡張しません。
 
では、なぜ頭痛を感じるのでしょうか。
これは、血圧が高い状態が続くことによって、動脈硬化など、何らかの変化が起きている可能性があります。放っておくと、合併症として脳血管疾患につながる可能性もあり、危険なものです。
 
 

高血圧の症状:目の充血・出血

 
目が充血しているときには、目の毛細血管が広がっている状態になっています。
目の毛細血管が破れてしまうと出血の状態になるのですが、出血している場合には、「高血圧網膜症」という合併症を起こしている可能性があります。
高血圧網膜症はほとんど自覚症状なく進行してしまい、いったん視力障害を起こすと、回復は難しくなります。
 
<高血圧網膜症とは>
高血圧の状態が続くことにより、網膜が損傷を受ける病気です。
網膜の毛細血管が損傷を受けると、血管壁は厚みを増して、血管内が細くなっていきます。その結果血流が途絶えると、何とか酸素や栄養を届けようと新しい血管が伸びていきます。
新しい血管は細くてもろいため破裂しやすく、網膜で出血してしまいます。網膜の中心にある黄斑で起こると視力低下が進み、また、網膜剥離に至ることもあり、高度視力障害につながる可能性があるのです。
 
 

高血圧の症状:耳鳴りとめまい

 
耳鳴りにもさまざまありますが、“キーン”と鳴っているように感じたり、“ザーザー”と流れるような音や、血管が脈打っているように〝ドクン、ドクン“と拍動音として聞こえるようなことがあります。
夜寝るときや安静時に感じることが多く、このとき、高血圧によって、血管拍動性耳鳴りを起こしている可能性があります。
 
原因は、高血圧だけではなく、ストレスや加齢、甲状腺機能亢進症(※編集部注:バセドウ病は甲状腺機能が亢進することが原因で生じますが、医師が解説したバセドウ病症状.tokyoもご一読ください)や頭蓋内圧亢進症など他の病気やそもそもの血管奇形などの可能性もあり、はっきりとわかっていません。
 
また、高血圧の治療で使用する降圧剤が効きすぎてしまい、急激に血圧が下がり、クラクラめまいを伴う耳鳴りが起きることもあります。
高血圧の合併症で脳梗塞や脳出血をおこした場合、めまいと耳鳴りを感じることもあるので注意が必要です。
 
※編集部注:耳鳴りとめまいについては、
耳鳴りキーン.com
 
めまい原因.top
をご参照ください。
 
 

高血圧の症状:肩こり

 
肩の筋肉がこわばり、血流が悪くなる肩こり。ストレスや運動不足と関係があります。
ストレスを感じると、自律神経である交感神経の作用が高まり、心拍数の増加や血流量の増加が起き、また、末梢血管が収縮し、血圧が高くなってしまいます。
デスクワーク等の同一体位を続けることにより血流が悪くなり、結果として肩こりが生じる場合、心臓は血流を良くするために血液量を増やします。また運動不足で、筋力が低下すると血液を押し流す力が弱まるため血流を良くしようと血圧をあげます。このように肩こりと高血圧は関連性が高いのです。
 
 

高血圧の症状:しびれ

 
高血圧の状態が続くと動脈硬化が進み、血管障害を引き起こしやすくなります。
脳で血管障害が起こった場合、脳内の血管が詰まる、脳細胞が壊死してしまう…等が生じます。
 
脳梗塞や脳溢血、脳出血などの予兆としてしびれを感じることもあります。
また、実際に合併症として発症した場合にもしびれを感じることがあります。いずれにせよ、しびれを感じた場合は要注意です。
 
 

高血圧の症状:胸痛、動悸、呼吸困難との関係

 
高血圧により動脈硬化が進行し、心臓への負担がかかってきた場合、心肥大や心不全、狭心症や心筋梗塞などの合併症を起こす可能性があり、それらの症状として、胸痛、動悸、呼吸困難、浮腫みなどが現れます。
 
 

高血圧の症状:むくみ、頻尿、多尿、乏尿との関係

 
高血圧が続き、腎臓の血管が動脈硬化を起こした場合、腎硬化症や腎不全などの合併症を起こす可能性があり、その影響で、人によってはこのような症状が出てきます。
 
高血圧を予防・早期発見するためには、定期的な検査や生活習慣の改善を意識していくことが何より大切です。高血圧の状態が続くことにより引き起こされる合併症は、命の危険にもつながる恐ろしい病気なので、高血圧は放置せずに必ず治療しましょう。
 
 

高血圧の治療

 
この項では、高血圧治療の概要を説明します。
 

非薬物療法

生活療法、食事療法、運動療法から成るのが非薬物療法です。夫々の療法の要点を以下に記します。
<生活療法> 
生活療法とは、生活習慣を改善し血圧を下げる取組ですが、例としては以下のようなものになります。
・ストレスを回避する。
・睡眠時間を充分にとる。(肥満の方は睡眠時無呼吸になりやすく、このことが高血圧の原因となるので注意が必要)
・入浴時はぬるめに、入浴時間はながくならないようにし、脱衣所、浴室を温かくし、温度差で、心筋梗塞などが起こらないように注意する。
 
<運動療法>
ウォーキング、水泳、ジョギング等軽度の負荷が継続してかかる有酸素運動を行うことにより、体脂肪※を燃焼させ(脂肪燃焼の為には20分程度継続して行う事が必要です)、高血圧の改善を図ります。
 
※編集部注:
体脂肪率の計算について説明した「体脂肪率の計算 はどう行う? 体脂肪とBMIのこと知っていますか?」
 
体脂肪率の平均について説明した「体脂肪率の平均 はどのように決まる?理想の体脂肪率は?」
も参考にしてください。
 
自分のライフスタイルにあわせて、無理なく継続して行う事が必要です。また注意点としては以下のようになります。
・運動中は水分補給を行う。
・ひどい高血圧、心臓、腎臓に疾患がある等の場合運動療法は不可の場合もあるので、事前に必ず医師と運動療法可否について相談する。
・動悸が激しい、胸が痛い等体の不調がある場合は直ぐ止める。
 
<食事療法>
食事療法では、特に食塩を摂りすぎないように注意します、日本高血圧学会では、高血圧の方の推奨摂取量を、1日6g未満としています。また、主食、主菜、副菜のバランスがとれた食事を3食規則正しく摂る事も重要です。勿論食べ過ぎはNGです。腹八分目を心がけましょう。
 
ここでいう主食とは、ご飯、パン、麺等、主菜とは、肉、魚、大豆等のおかず、副菜とは、野菜、海藻などのサイドメニューになります。食物繊維やビタミンC※の摂取にも留意しましょう。
 
※編集部注:
ビタミンCの効果について説明した「ビタミンCの効果 本当に知ってる!? 栄養士が効果抜群のビタミンCパワーについて詳しく説明します!」
 
ビタミンCが含まれる食品について説明した「ビタミンCを含む食品 って何があるの?栄養士から見たビタミンCの効果的な摂取方法とは?」
も参考にしてください。
 
食事の内容は、合併症やその他疾患ある無しで変わってきますので、医師の指示に従って食事療法を行いましょう。
 

薬物療法

薬物療法は、非薬物療法を行い、高血圧が改善しない場合に行われます。医師が、年齢、性別、合併症、臓器障害の有無などを総合的に考慮したうえで、降圧薬服用のタイミングと降圧薬の選択を判断します。薬物療法開始の前に、医師に自分の症状や懸念点等をきちんと伝える事が重要です。
 
処方された降圧薬は、医師の指示通り服用する事が必要です。降圧薬の為に、頭痛、便秘、めまい、動悸等が生じる場合がありますので、そのような症状が現れた場合は医師に相談をしましょう。
 
 

高血圧と食事の関係

 
血圧とは、血管の壁に血液が与える圧力のことを言います。
この圧力が一定以上に高い状態が続くのが高血圧症で、いろいろな要因が複雑にからみあって引きおこされます。
 
その中で食事が関わる因子とその理由を挙げます。
 

食塩の摂りすぎ

体内の食塩(塩化ナトリウム)が過剰になり、尿からナトリウムを排泄する腎臓の機能を上回ると、体内のナトリウム量が多くなります。ナトリウムが多くなると、水分を溜め込んでナトリウム濃度を調節するように働きます。
これにより血液循環量が増え、血圧が上がります。
 
 

肥満

肥満、とくに内臓脂肪型肥満は血圧を上げ、減量すると血圧が下がることがわかっています。
また、心臓から送られる血液量は、体重に比例して増えるので、体重の増加は心臓に負担をかけます。内臓脂肪は食べ過ぎ・飲み過ぎによって過剰となったエネルギーが脂肪細胞に蓄えられることで増えていきます。
また、欠食による食事と食事の間の時間が長くなることや、遅い時間に食事を摂ることで、ホルモンの働きにより通常より脂肪細胞に脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。
 
 

栄養素の過不足

それぞれに働きを持つさまざまな栄養素は、身体の中でバランスを取りながら健康な身体を維持しています。
高血圧に関わる栄養素では、「カリウム」や「食物繊維」は、過剰な塩分を外に排出しやすくする働きをします。また、「糖質」や「脂質」は過剰な分が脂肪に変わり肥満を助長するのに働き、「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」は脂肪を燃やすのをサポートする働きがあります。
 
このような栄養素の摂取に過不足があると、高血圧や、その原因となる肥満を引き起こします。
 
 

高血圧はこんな食事で改善を!

 

食塩を減らす

最新の調査で日本人の塩分摂取量の平均は、男性10.6g、女性9.2gでした。
高血圧をはじめとする生活習慣病予防のための摂取目標量は、男性8g以下、女性7g以下とされています。
 
また、高血圧の治療としての目安は6g以下です。減塩には次のようなことを実施してみましょう。
 
・めん類のつゆは、飲まない
・汁物や漬物・佃煮・干物・ハムといった塩蔵品など、食塩を多く含む加工食品を控える
・しょうゆやソースなどの調味料を使いすぎないよう、かけるのではなく付ける

 
 

薄味に慣れる

急に塩分の多いものを控えたり、調味料を減らすだけで薄味にすることは、味気なく、食事がつらくなってしまいます。
薄味でもおいしく食べるために、だしやうま味、レモン・酢などの酸味、生姜やごま、大葉などの香味食品を上手に使いましょう。
 
 

適量の食事をとる

主食となるご飯などの穀類・お菓子・甘い飲み物などの主成分である糖質や、揚げ物・炒め油・バター・マヨネーズなどの主成分である脂質のとりすぎは、エネルギーの過剰摂取につながります。
 
BMI(体格指数)は肥満判定の国際基準で「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で求められ、18.5以上25.0未満が標準とされています。25.0以上の人、また、25.0以下でも、20歳の時と比べて10㎏以上体重が増えたという方は要注意。一度食事の量を見直して、適切な量をとることを心がけましょう。

 

また、早食いは食べ過ぎにつながります。よく噛んでゆっくり食べましょう。
 
 

バランスよく3食を

毎食で「主食(ご飯、パン、めん類など)・主菜(肉、魚、卵、大豆製品など)・副菜(野菜、海藻、きのこなど)」をそろえることで、栄養のバランスを良くすることができます。
 
主食は量を決め、毎食、必ず食べます。とりすぎは肥満につながり、主食をむやみに抜いてしまうと、おかずの量が増え塩分過多につながります。主菜は、魚・脂肪の少ない肉・卵・豆腐などを毎食1品はとることを心がけましょう。
 
副菜は、生のもので両手いっぱい分、加熱したもので片手いっぱい分が目安です。ビタミン・ミネラル・食物繊維がたくさん含まれています。とくに「カリウム」は余分なナトリウムを尿に排泄し、血圧を下げるのに働くため、十分にとりましょう。
 
ただし、腎臓病等でカリウムを制限しなければならない方もいるため、主治医に確認するようにしましょう。
 
 

外食する場合の注意点

 
一般的に、外食はエネルギー量や食塩が多く、また野菜も不足しがちです。
外食をするときには、エネルギーや塩分の記載を見て、適量のものを選ぶようにし、また、めん類のつゆ、味噌汁やスープ、漬物などは残したり、味付けご飯やカレーライスは塩分の量が多いので控えるように心がけましょう。
 
 

まとめ

 
・サイレントキラーと呼ばれ、自覚症状に乏しい
・症状は、高血圧の合併症によりおきた病気による症状として自覚できることがある
・気づくきっかけとして、頭痛、目の充血・出血、耳鳴り、めまい、肩こり、しびれ、胸痛、動悸、呼吸困難、むくみ、頻尿、多尿、乏尿などがある
・放置せずに治療することが大切である
 
<執筆者プロフィール>
井上 愛子(いのうえ あいこ)
保健師、助産師、看護師、保育士。株式会社とらうべ社員、産業保健(働く人の健康管理)のベテラン
 
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

編集部オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
けやき坂クリニックサイトのコラムの中にある高血圧の症状について説明したページであるけやき坂クリニック | ◆046 高血圧の症状は、下がると消える! | 心臓病・高血圧は、高血圧の症状などについて分かりやすくまとまっています。
 
「血圧の正常値 って、どのくらいなの?血圧正常値を示す基準は?」
 
高血圧のリスクと治療法 …高血圧がもたらす症状・リスクは!?治療法はあるの?
 
妊婦の高血圧 は本人と赤ちゃんにどういう影響がある?
 
高血圧と頭痛 ってどんな関係?放置すると命に関わる合併症の恐怖とは?
 
頭痛をともなう病気 とは?突如襲いかかる様々な疾患について解説
 
「生理前に起こる頭痛 !その原因と対処法について解説!」
 
「生理前のイライラに効く薬 って?そもそも、生理前にイライラするのはなぜ?」
 
「糖尿病の原因 : 糖尿病の4つのタイプとその原因とは?」
 
「糖尿病は治る ?糖尿病の治療方法と留意点について」
 
「腎不全の原因 :高血圧、糖尿病等…その他の原因は?」
 
「腎不全の症状 とは?腎臓の機能の働きが落ちると様々な症状が!」
 
「自律神経失調症のチェック : 自律神経失調症の兆候を見逃さない!」
 
「自律神経失調症の薬 : 自律神経失調症の治療に用いる薬は?」

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。